日経225miniとの違い

株365

日本の代表的な株価指数である日経平均株価(日経225)を対象とする上場物の株価指数先物取引には、大阪取引所の「日経225先物(日経225mini)」があります。
株365の日経225証拠金取引と大阪取引所の日経225miniの違いについてまとめました。

取引期限なし

「株365」では、保有する建玉を決済しない限り、自動的に翌取引日にロールオーバー(繰り越し)されますので、取引期限を気にせず取引をすることができます。

ほぼ24時間取引

「株365」の日経225証拠金取引では、現物の株式市場や日経225miniとは異なり、ほぼ24時間の取引が可能なので、海外の株式市場の動きを見ながら取引することができます。

取引価格がほぼ日経平均株価に近い

日経225miniは金利相当額、配当相当額の受払いがないため、取引価格と日経平均株価が乖離していますが、「株365」の日経225証拠金取引では、金利相当額、配当相当額の受払いがあるため、取引価格は日経平均株価に近く、取引しやすいというメリットがあります。

日経225miniとの比較

  株365
日経225証拠金取引
大阪取引所
日経225mini
取引期限 なし あり(約3ヶ月)
取引価格 取引価格がほぼ日経平均株価に近い 日経平均株価と乖離がある
(金利・配当部分)
金利相当額 受払いあり 受払いなし
配当相当額 受払いあり 受払いなし
取引時間 午前8時30分~翌午前6時
米国夏時間適用期間は、午前8時30分~翌午前5時まで
日中 9時~午後3時15分
夜間 午後4時30分~翌午前3時
取引成立方法 完全マーケットメイク方式 オークション方式
呼び値単位 1円 5円
ロスカットルール あり なし