店頭CFDとの違い

株365

東京金融取引所の「株365」(取引所取引)と店頭取引(非取引所取引) を比較しました。
  株365
(取引所取引
)
店頭株価指数CFD
(非取引所取引)
取引可能時間 原則、土・日・祝祭日(現地株式市場)を除いた毎日 取扱会社によって異なる
投資家保護 日本投資者保護基金の対象
(補償金額は、一般顧客一人につき1,000万円が上限)
適用されない
取引価格 複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格で取引ができる CFD取扱会社により提示された価格での取引
金利相当額 売り方が受け取る金利相当額と買い方が支払う金利相当額は同額
(例)
店頭CFDとの違い
※「株365」の金利相当額は、全ての店頭CFD取引と比較し、常に受け取り額が多い、または支払い額が少ないということではありません
一般的には投資家が受け取る金利相当額は少なく、投資家が支払う金利相当額は多く設定していることが多い
(例)
店頭CFDとの違い
※受け取り側の場合、3%を引いてマイナス金利になるケースは0%となり、金利の受け取りはなくなる。
※LIBOR=ロンドンでの銀行間取引レート
税金 税率 (注) 申告分離課税方式
一律20%
損益通算 他の先物取引などとの損益通算が可能
損失繰越 確定申告により最長3年の繰越が可能

(注)平成25年から平成49年までの25年間、所得税額に対して2.1%の復興特別所得税が上乗せされます。